川崎幸病院 川崎幸病院大動脈センター 医療法人財団石心会 大動脈治療の最前線 心臓血管外科の最前線    
         
       
   

大動脈瘤について
   
   

 

78歳男性・静岡県 2004年寄稿

2003年 胸腹部大動脈瘤手術

平成14年4月某日夜9時頃、何の前触もなく突然胸部及び背中に強痛を感じ救急車にて大学病院に入り診断の結果、有名な映画俳優の石原裕次郎さんの病気と同じ大動脈解離と診断されました。
非常にショックで落胆しました。
十日間の集中治療室にて治療し、その後個室に2ヶ月入院し退院し1ヶ月1度外来で診察を受けておりました。
大声や夫婦喧嘩は一切しないで下さいと言われ、退院後11ヶ月家で寝たり起きたりして生活をしておりました。
非常に毎日が心配でしたが、平成15年1月から主治医の先生が変わり、循環器科の太田先生に診察を受かる様になりました。
太田先生の紹介により、川崎幸病院の山本晋先生の診察を受けました。
平成15年5月に手術、手術は胸と腹2ヶ所同時に行い本当に大きな手術でした。

山本先生のおかげで手術後1年3ヶ月毎日元気で何ごともなく元気で生活しており本当に感謝しております。
私と同じ大動脈疾患を持たれている方やその家族の方は、大変ご心配の事と思いますが、安全な治療である大動脈手術を受けて、私の様に以前と同様な生活を営む事も出来ます。
迷うことなく、大変なことですが、決断しては如何と思います。