大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線
大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線 患者の皆様へ 医師の皆様へ インフォメーション 監修者プロフィール 大動脈瘤治療の最前線
動脈解離(解離性動脈瘤)とは?
動脈解離(解離性動脈瘤)とは?
段落 動脈解離も最近非常に増えている病気です。
こちらは、無症状の動脈瘤とは違って、非常に強い激痛を伴います。それまで、全く健康に過ごしていたのに、ある日突然、胸や背中に耐えられないような激痛が走ります。救急車で病院に着くと、循環器の医師が心電図検査を行います。まず、強い胸部痛は心筋梗塞を疑うからです。ところが、激痛が続くにもかかわらず、心電図には異常は認めません。循環器内科医は次に、この大動脈解離を疑います。そこで、胸部CT撮影を行い、大動脈解離の診断が下されます。

段落 いったい、何が起ったのでしょうか。
大動脈解離は、簡単にいうと、大動脈の血管壁が裂けている状態です。裂けていると言っても、破れているわけではありません。血管壁の内側の膜に亀裂ができ、内側と外側の膜の間に血液が流れ込んだ結果、血管を2重構造にしてしまうのです。

段落 大動脈は心臓から始まり、全ての臓器に分枝血管を出して血液を供給しています。
大動脈に解離が起こると、いずれ分枝血管に血液が流れなくなり、臓器の血流障害(虚血)が起こります。血流障害の起こる場所によって、例えば、心臓の虚血は心筋梗塞、脳の虚血は脳梗塞、腎臓の虚血は腎不全、腸管の虚血は腸管壊死、などなど、致死的な多くの合併症を引き起こし、高い死亡率を呈します。このような動脈解離に対しては緊急手術で対応する以外ありません。
TOPへ 戻る |次へ
copyright (c) 2003 Shin Yamamoto, All Rights Reserved.