大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線
大動脈瘤治療の最前線 大動脈瘤治療の最前線 患者の皆様へ 医師の皆様へ インフォメーション 監修者プロフィール 大動脈瘤治療の最前線
胸腹部大動脈瘤の治療
胸腹部大動脈瘤の治療
胸腹部大動脈瘤の治療
段落 胸腹部大動脈瘤とは
胸部から腹部まですべての範囲に動脈瘤ができている病気です。
   
胸腹部大動脈瘤に対する手術は、大動脈手術の中でも最も困難な手術の一つと言われていました。しかし、私どもの施設では、この胸腹部大動脈瘤に対しても積極的な手術治療を行っています。

段落 手術は左側方から腹部に達する切開で行います。
体外循環は動脈瘤の部分の血流を迂回させるバイパス回路を使用します。動脈瘤を全長に渡り切除し、全てを人工血管で置き換えます。手術では、下行大動脈から分かれる肋間動脈(脊髄に血液を供給する動脈)、腹部大動脈から分かれる腹腔動脈、上腸間膜動脈、左右腎動脈などの重要分枝血管を再建します。

段落 この手術で問題となるのが手術中の脊髄保護です。
この、脊髄保護が不十分な場合、術後に対麻痺という下半身の神経障害を起こします。私どもの施設では、侵襲の少ない手術方法と、脳脊髄液ドレナージ(背中から脊髄に細いチューブを挿入し、脊髄の血流を改善させる方法)や、脊髄保護剤などの複数の脊髄保護法を組み合わる事で、現在、脊髄神経障害の発生を抑えています。この手術では多くの場合輸血が必要です。手術時間は6-8時間で、入院期間は2〜3週間です。(手術時間、入院期間は通常の場合であり、これより長くなる場合もあります。)
TOPへ 戻る | 次へ
copyright (c) 2003 Shin Yamamoto, All Rights Reserved.